園長からのお知らせ(2月)

1月末になって久しぶりに雪が沢山積もりました。子どもたちは待ってましたとばかりに外へ飛びだしました。
大きな雪だるまづくりに奮闘するかぶと虫組さんと、とんぼ組さん。斜面すべりを楽しみ転んだらなかなか立ち上がれない2歳未満児クラスのかわいい子たち。

雪の上に小さな足跡を見つけて「先生!さるの足跡かなぁー」「おしゃれキツネの足跡とちがうか?」「はやあしウサギかも!」「鬼の赤ちゃんかもしれんよぉー」「そしたらお母さんの鬼も近くにおるやん!」「きゃーきゃー」と逃げ 回るちょうちょ組さんでした。

お部屋の中では鬼のお面作りや豆まきの時に使う枡づくりが始まりました。怖いはずの鬼ですがドキドキしながらとても楽しみにしています。怖いものを克服して少しずつ強くなるのでしょうか?

昨年大泣きしていた子たちは豆を投げて鬼退治をするのだと意気込んでいます。鬼が来る前から身体の中にいる鬼を追い出している恐がりの頑張り屋さんがいます。
「鬼は先生なんやろ!」なんて言っている子どもたちもいます。
と・ん・で・も・な・い・で・す!
明日(2月1日)が楽しみです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク