保育のポイント(11月)

戸外遊びを通して丈夫な身体と豊かな心を育てる。

ありんこ:散歩や戸外遊びにでかけ、保育士や友達とのふれあいを楽しむ。

てんとう虫:散歩や戸外遊びにでかけ秋の自然物に興味を持ち保育士と一緒に自然物に触れて遊ぶ。

みつばち:秋の自然をからだで感じ取りながら戸外での活動(山登り、木の実拾い、虫探し、少しずつ遠出等)を豊かにしていく。

ちょうちょ:秋の自然の変化に興味や関心を持ち、自然物や身近な素材を使って、作る、描くなどの表現遊びを楽む。

とんぼ:秋の自然に触れながら季節の変化を感じ、自然物を集めることや、探すことを楽しみ、遊びに活かす。

かぶとむし:秋から冬に向かっていく自然事象(木の葉のいろづきなど)の美しさや変化する不思議さに気付き、興味や関心を深めるなかで保育士に聞いたり、図鑑で調べる。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク